忍者ブログ

ダニ・カビについて知っていきましょう! 夏場、梅雨の時期だけでなく、私たちの周りには常にたくさんのダニ・カビが潜んでいます。 うまく退治して快適な生活を送りましょう! ゴキブリや蟻などの害虫退治も紹介していきます!

   
ヘルシー!甘さ控えめジャムは実はカビの温床だった!?
近頃の市販されているジャムは「甘さ控えめ」が主流になってきています。
甘さを控えめにすることで、カロリーオフになったり、糖分の取りすぎを抑えたりして、健康に配慮していたりします。

ですが、そんな甘さを控えたジャムはカビの繁殖にはもってこいの場だったりするんだそうです。

実は甘さを控えるために入れる量を減らした砂糖がカビの繁殖を抑える役目をしていたのです。
砂糖は、細菌やカビの繁殖に必要な食品中の水分を吸収する役目を持っていました。
そうして細菌やカビの繁殖を抑える効果を発揮していました。

糖度が70%以上のジャムは保存性が高く、常温でもある程度もつことができます。
ですが市販されているジャムは糖度が50%前後なので、1度開栓してしまうと、冷蔵庫での保存が必要となります。

糖度65%以下からカビの繁殖のリスクは上がります。
ですから、市販のジャムは充分に気を付けなければいけません。

1度フタを開けてしまうと、空気やスプーンなどから菌が中に入り込んでしまうことがあります。
こういったことを防ぐためにも、フタを開けたら3週間程度で食べてしまうようにしましょう。

どうしても残ってしまうようなら、冷凍庫に保存するようにすると良いでしょう。

暑くなってきて、カビが繁殖しやすい気温となってきました。
ジャムだけにかぎらず食品のカビには十分に気を付けましょう!



●関連記事
ジャムに生えるカビはこれ!
「アスペルギルス」おはよう朝日です 健康のためにもカビ対策




拍手[0回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
カビ・ダニが気になる場所や使いたい掃除アイテムを検索して下さい。
フリーエリア
プロフィール
HN:
お掃除娘
性別:
女性
自己紹介:
家の中にはダニやカビが目には見えないけれどいっぱいいるんです。
こうしちゃいられない!
オススメ掃除グッズ
カウンター
Copyright ©  -- ダニ・カビ撃退!快適生活 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]